育毛剤と発毛剤の違いについて

育毛剤の役割とは何か

育毛剤と発毛剤は違います。育毛剤は医薬外部品です。医薬外部品は厚生労働省が許可した効果の期待できる成分を一定の濃度で配合されたものです。医薬外部品に該当するものは、人体への作用が緩和なもの、つまり強い効果を期待できる成分ではないものなのです。医薬外部品に該当する育毛剤は脱毛の防止などの目的で作られています。つまり育毛剤は髪の毛が抜けにくくなることが期待できる、脱毛を予防する効果のあるものです。それに加えて育毛剤には、発毛剤と違って新たな毛が生えるのを補助する、発毛促進効果などもあります。毛を丈夫に育てる、育毛効果も期待できます。これらの効果からわかるように、育毛剤は髪の毛を健康に保つ効果があり、髪の毛を増やすものではないのです。

発毛剤の役割とは何か

発毛剤には、毛を新しく生やすことが期待できる発毛効果や育毛効果、脱毛防止効果があります。育毛剤との効果の違いは発毛効果の有無です。育毛剤は発毛促進効果で髪の毛が生えるのを補助する効果ですが、発毛剤は発毛効果で新しく髪の毛を生やす効果があります。 発毛剤は医薬外部品の育毛剤とは種類が違います。発毛剤は医薬品に当たります。医薬品は病気の治療などを目的として作られているもののことです。配合されている成分は厚生労働省に有効成分と認められたものを使っています。医薬品を国内で流通させる場合は厚生労働大臣による製造販売承認が必要になります。医薬品は医薬外部品よりも効果が得られやすいのですが、その分リスクが大きいです。発毛剤には育毛剤よりも副作用が起こる確率が高いです。発毛剤の副作用の原因となる成分にミノキシジルという成分があります。この成分による副作用は多毛症や動悸、むくみなどです。