育毛剤って効果あり?

薄毛を改善したい!育毛剤選びのポイントはコレ

育毛剤の購入を検討しているけれど、本当に効果があるのかと悩んでいる男性は多いのではないでしょうか。この疑問に対する答えは、効果のある商品もあるし、ほとんど効果がないと思われる商品もある、ということにつきます。
この違いが出るのは、もちろん配合されている成分が異なるためです。薄毛の原因に正しく作用する成分が過不足なく入っていなければ、効果はあまり期待できないでしょう。また優れた成分が配合されていても、頭皮に刺激となる成分が多量に配合されているものも良くありません。
男性の薄毛のほとんどは、男性ホルモンが酵素の影響を受けて変化したDHTという成分が原因です。DHTは毛母細胞に働きかけて髪の成長を阻害します。その結果、髪が細く弱いまま伸びずに抜けてしまうことで、薄毛となります。
そのため、男性の薄毛を改善するには、頭皮環境を整える成分とDTHの発生を抑える成分の両方が入っていなければなりません。

どんな成分が入っている育毛剤が良い?

育毛剤の中には、頭皮の血行を促進する成分のみが配合されているものも多いです。頭皮の血行が良くなると、髪に必要な栄養が毛穴に行き届きやすくなり、地肌の新陳代謝も活性化されますので、頭皮環境の改善は期待できます。しかし、DHT抑制成分などの抜け毛を予防する成分が含まれていないため、薄毛の改善効果は物足りないものとなるでしょう。
抜け毛を抑制する成分は、男性ホルモンをDHTに変質させる酵素の働きを抑えるオウゴンエキスや、男性ホルモンの活性化を抑制するイソフラボンを多く含んでいるキャピキシル、ヒオウギエキスなどが挙げられます。ノコギリヤシも良く知られています。
また、フィナステリドも高いDHT抑制効果が認められている成分です。これは医薬成分のため、医療機関で処方してもらう必要があります。